【池田市】幸運の神様、ビリケンさんがサカエマチ商店街にもいらっしゃいます☆

2019/04/07 08時00分

幸運の神様ビリケンさん。大阪通天閣にある木の像が有名ですよね~♪

View this post on Instagram

聞いてくれ~ なんと写真に写ってる台湾の小説家さんがワシの特集記事を台湾で公開したんやて~(。◝‿◜。) よっしゃ、台湾でもモテモテや~! 多謝你~♪(@weizhong925 )* #台湾#小説家としても活躍#張維中#中国語やから何書いてるか全然読めへん#ちなみにわしアメリカ生まれやねんで~(。◝‿◜。)#あまり知られてへんけど#ちなみにわし台湾で比利肯って書くんやで~ #全然知られてへんけど#ビリケン #イケメン #わしの事 #通天閣 #ビリケンさん #神 #神様 #ゴッド #god #good #大阪 #関西 #張維中 #歩歩日本 #台湾 #오사카 #比利肯 #biriken

A post shared by ビリケンさん (@billikensan_jp) on

大きく突き出したビリケンさんの足をなでると、ご利益があるといわれています。

愛嬌のあるお顔で足を投げ出して座る姿が可愛らしいビリケンさんですが、実は池田市のサカエマチ商店街近くにもいらっしゃるんです。
栄町商店街サカエマチ商店街を抜けて、西へ進みます。
落語ミュージアム落語みゅーじあむの斜め前に、ビリケンさんはいらっしゃいます。
ビリケンさんこちらが、池田市にあるビリケンさんです。
ビリケンさんビリケンさんはもともとアメリカ生まれ。
池田市出身で、繊維商社である田村駒株式会社の創業者である、初代田村駒治郎さんが、商標登録を行ったものだそうです。
看板「福のまち池田」のシンボルとしてこの地にやってきたそうですよ。ビリケンさん沢山の人になでられてているためか、ビリケンさんの足の裏だけ色が違いますよね~♪

1908年(明治41年)に誕生し、1912年(明治45年)に大阪に来られたビリケンさん。
”ご利益がある”として足の裏をなでる人が後を絶たないため、大阪通天閣にあるビリケンさんは現在3代目だそうです!

また、ビリケンさんの商標登録を行った田村駒治郎さんが創業した会社、田村駒株式会社は繊維・アパレル・スポーツ用品等の商社として現在も企業活動をされていて、400名を超える社員数を抱える大企業なんです!

2019年でなんと創業125年を迎えられるそうです!

ビリケンさんとのかかわりも長く、「通天閣公認ビリケン」は田村駒株式会社の登録商標として登録され、通天閣公認ビリケン事務局にてビリケンさんグッズ等の企画等、様々な活動がされているようですよ。

”幸運の神様”ビリケンさんは、本当に幸運や福をもたらしてくださるのかもしれませんね!

池田市にあるビリケンさんの場所はこちら↓

 

(とも)

 

 

ジモネタ池田・箕面
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ