【池田市】インスタ映えする花のお寺、久安寺の紫陽花はまだ間に合う?!

2019/07/12 08時00分

花のお寺として有名な久安寺ですが、6月は紫陽花が綺麗だと、TwitterやInstagramで多くの方が写真をアップされていました。

特に、見頃を過ぎた紫陽花を池に浮かべて供養する「花のお葬式」は、とても幻想的でインスタ映えするスポットのひとつ。

View this post on Instagram

大阪府池田市の久安寺にて ┋ これが伐採した紫陽花を池に浮かべて供養する「花のお葬式」 ┋ 池には金魚も泳いでてめっちゃ神秘的やった ┋ 比較的近いとこに住んでるのにこれは見落としてたなー。 ┋ この池はお寺の入り口の前にあるから拝観料払わなくても観れる ┋ 勿論来たからには拝観したけどねw ┋ 中も雰囲気あってめっちゃ綺麗やった。 ┋ #写真 #フィルム写真 #photo #photograph #photography #film #filmphotography #ペンタックス #コダック #pentax #pentaxsp #kodak #花 #紫陽花 #池 #寺 #久安寺 #金魚 #神秘的 #綺麗 #絶景 #風景 #insta #instagood #follow #followme #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい

A post shared by Taro «Videographer» Kageyama (@taro_kageyama) on

 

この池は、入口の近くにあるので、拝観料を払わなくても観ることができます♪久安寺

紫陽花紫陽花のシーズンもそろそろ終わりですが、7月最初の週末でもカメラを片手にお寺を探索する方が大勢いらっしゃいました。
紫陽花お寺の中も綺麗なお花が咲いています。
朱雀池には蓮の花が咲きかけていました。
蓮の花久安寺の歴史は古く、神亀2年(725)聖武天皇の勅願により、行基菩薩が開創され、天長年間に弘法大師が再興したと伝わる安養寺を前身とするそうです。
久安1年(1145)に近衛天皇の勅願寺となり、久安寺となりました。

安土桃山時代には、豊臣秀吉が参拝されたそうで、久安寺には秀吉がお手植えされたかやの木もあるそうですよ。

季節ごとに、綺麗なお花を楽しむことができる久安寺。
花の名所の他、観光修行場として仏教徒の修行が体験できるそうです。

詳しくは、久安寺のホームページで確認してみてくださいね!

インスタ映えする花のお寺、久安寺の紫陽花はもう少し楽しむことが出来るかもしれませんね☆

久安寺
(池田市伏見町697)
拝 観:9:00~16:00
拝観料:300円
駐車場:有(無料)

(とも)

 

 

 

ジモネタ池田・箕面
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ